一人暮らしの場合は気をつけて

 

危険性の高い女性の一人暮らし。女性が一人暮らしをするのであれば、実家で暮らしていた以上に防犯意識を高めなければなりません。

 

女性の一人暮らしが事件に巻き込まれやすいというのは嘘ではないのです。しかし「防犯意識を高める」と言われても、なにをすればよいのかわからないもの。

 

防犯グッズを設置するのはお金がかかりますし、できれば避けたいですよね。まず、第一に気をつけるべきなのが「チャイム」です。つまり来客ですね。

 

覚えのないチャイムや夜遅くのチャイムは危ないため、慎重に行動しましょう。応答せず、居留守を使うのもひとつの手です。

 

用事がある人は電話をしてくるでしょうし、また宅配便が来たとしても不在票を入れてくれるので心配はありません。

 

それから「洗濯物」にも気をつけて下さい。女性の一人暮らしを狙っている場合、その人物はターゲットが一人暮らしなのかどうかを念入りに調査します。

 

玄関に男物の靴を置いておいたり、洗濯物に男物の服を混ぜておくだけで違いますので、試してみてはいかがでしょうか。

 

お金を節約したいのであれば身内から古着を譲ってもらうのもよいかと思います。手間がかかりますが、身を守るには必要なことなのです。