過剰接客は控えるようにしよう

度々、話題にされているのが「日本の過剰接客」です。過剰接客とはなんなのか?と言いますと、そのままの通りで「お客さんへの対応が過剰なこと」ですね。

 

過剰には「度が過ぎている」「適切な程度を超えている」といった意味があります。もっとわかりやすく言えば接客が丁寧すぎるでしょうか。

 

お客さんのためを考えてしている接客でも、あまりに過剰だと「ウザい」「イラっとする」という印象を与えてしまいます。

 

「そんなにもてなされると居心地が悪くなる」などの意見もあります。過剰接客はお客さんの足を遠のかせてしまうひとつの原因になります。

 

気をつける所は気をつけておくことが大切です。

 

良くある過剰接客の例について

 

買い物をするとスタッフ全員で見送られる

 

買い物をしてもらった感謝の気持ちを表したいのはわかりますが「数百円の買い物でここまでされるのは嫌だ」と感じる人が多い様子。

 

また、他にもお客さんがいた場合、そういったお客さんからの注目を浴びてしまうのも嫌なのだとか。

 

注文する度にありがとうございますと大声で言われる

 

お礼の言葉は大切なものですが、この場合、問題なのは大声です。

 

大声は人に不快感を与えてしまい、感謝の気持ちが伝わらないことが多いようです。

 

他にも過剰接客に対する意見は多くありました。しかしこれがどこででも行われるようになれば、いずれは慣れてしまうのかもしれません。