カラスの被害は結構多い

 

カラスによる被害で悩んでいる人は大勢います。「ゴミ捨て場が荒らされる」のが一般的なものですが、これ以外にも厄介な被害があるのです。

 

近くを通りかかったら襲われたという被害。人がカラスに襲われるというのはよく聞く話ですが、現実味が薄いので「いまいち信じられない」人もいるでしょう。

 

しかしカラスが人を襲うのは実際にあり得ることです。頭を狙って攻撃してくるので、襲われたらたまったものではありません。

 

また睡眠を妨害されるというのも聞きます。カラスの朝は早く、せっかく眠っていたのに鳴き声で起こされる人もいる様子。

 

だいたいカラスが鳴き始めるのは早朝で、4時から6時頃が多いですね。6時ならまだしも、4時に起こされれば寝不足になってしまいます。

 

「4時に起きるなら早く寝ればいい」という考え方もあるかもしれませんが、生活スタイルはそう簡単に変えられるものではありません。

 

そし「糞をかけられる」被害。カラスがたくさんいる地域ですと、糞の問題もあります。

 

上記と比べればあまり被害としては大きくないように思えますが、例えば車に糞をかけられると掃除が大変ですし手間もかかりますよね。

 

カラスの被害を防ぐのは難しいもの。ゴミ捨て場ならゴミの捨て方に工夫を施せばよいのですが、他の被害は簡単に防げるものではありません。