リボンの騎士の少女漫画が好き

私が一番好きなのは、手塚おさむ先生の「リボンの騎士」です。初めてみたのは、テレビアニメの再放送だったと思います。

 

主人公のサファイア姫の名前が、たまたま自分の誕生石と同じだったのも、子供ながらに興味をそそられた記憶があります。

 

本当はかわいいプリンセスなのに、国のために男装して悪者と戦うサファイア。

 

子供ながらに、胸おどらせながら、見ていました。今でもリボンの騎士のグッズを見かけると、思わず手に取ってしまいます。

 

少女漫画としては一番良い作品かもしれないですね!

 

他には魔法使いモノが好きだった

 

少女漫画の主人公の中には、巧みに魔法をつかう少女も登場しますよね。いわゆる魔法使いモノが好きな作品でした。

 

幼いころはそんな少女漫画をみながら、もしかしたら、本当に魔法使いの女の子がいるかもしれない!?

 

ひょっとしたら、私も魔法が使えるようになるかもしれない?!なんて、妄想を爆発させていました。

 

魔法少女の使う変身ステッキやコンパクトミラーなんぞ、新発売されると毎度のように親にねだっていました。

 

そんな私の様子をみた父、ある日、手品セットのおもちゃをプレゼントしてくれました。

 

「お前も練習すれば魔法使いみたいになれるんじゃないの」という父。ちがう!そうじゃないんだってば。

 

少女漫画に浸る乙女心、父には理解できなかったようです。