赤ダニという感じです

 

これだけ見かけているにも関わらず、生態がよくわからないと言われているタカラダニ。

 

タカラダニは見ての通り、限りなく原色に近い赤い色をしています。これだけ色味が強いと「なにか毒を持っているんじゃないか」と不安になりますね。

 

しかし、現時点ではタカラダニが人間に対し害を与えることはない、と言われています。

 

ダニでありがちなのが「人間を刺す」というものですが、タカラダニに刺された被害報告は今のところないようなのです。

 

もともと外に発生するもので、家の中であまり見かけることはないダニですので、そのあたりも関係しているかもしれませんね。

 

ですがタカラダニは潰すと赤い体液が出るため、例えば洗濯物にくっついているタカラダニを退治すると洗濯物が汚れるなどといった被害をよく聞きます。

 

しみになるとなかなかとれませんし、虫を退治した時についたものと考えると嫌な感じがするでしょう。また、何十匹ものタカラダニがうろうろしている光景は不快感があります。

 

そのため直接的な被害はなくともタカラダニは“害虫”として考えられているのです。

 

またもしタカラダニを退治する時は潰してしまわないよう気をつけて下さい。ティッシュでつまむなど、なにかしらの対策が必要です。